So-net無料ブログ作成

戦闘開始!

010412.jpg
注:写真はイメージで、この記事と直接の関係はありません。

みなさん、こんにちは。
今日は先日書いた、下の階のクラブの話。

そうです!この建物の住民は立ちあがりました!先日、夜9時から臨時集会がスタート、そこにクラブのオーナーも参加、進行役はこのマンションの管理者。話し合いは2時間。ただ一言。” 疲れた・・・”
この建物には、13家族が暮らしている。このクラブが出来るまでは、みんな静かに静かに暮らしていた。建物は約200年前に建てられたもの。ところがクラブの出現で平穏な生活がガラっと変わってしまった。

出席者は10人。そのうち4人が女性。クラブのオーナー(30代男性)にみんなが寄ってたかって、目を吊り上げて文句を言う。 特に3人の女性が一番目を吊り上げていた。一人は50代後半の独身。彼女は不動産関係に勤めているので法律に詳しい。もう一人は、離婚歴1回の40代。PRの会社を経営している。そして三人目は23歳の大学生。何しろこの3人の戦いが面白かった。独身と言うのはこんなにも、戦いたがるのか!

戦いのアドレナリンが漲っている。声は大きい、目はギラギラ、ジェスチャーが演技力に拍車をかける。4〜50代の女性は分かる。もう更年期にさしかかっているので、こういうこともあるだろう、でも23歳といえば青春の真っただ中。その彼女も大きなジェスチャーを交え、足を組みながら戦ってた。株の世界で生きて行くらしい。この勢いだったらどんな世界でも大丈夫だろう。バトルの混乱を収めるために、管理会社のX氏が大声で舵を取ろうとする。クラブのオーナーも負けてはいられない。何しろ、彼はこのクラブに多大な投資をしているから。部屋の中は5人の大声が重なって響いている。男たちはシュンとしてこのバトルを見入っている。

結局の着地点は、音量を下げること、2時には閉めること、その他諸々。
私は・・・と言えば。
その夜はあまりにも疲れていたので、声合戦には参加せず一人で瞑想の世界へ。体力がなかったので目くじらを立てた戦いには参加出来なかった。正直、この部屋の騒音は夜中のクラブの騒音よりもしんどかった。

最後に、クラブのオーナーが退散してから、住民結束隊は、携帯の番号は渡すな、クラブのお客になるな、決してオーナーから奢りには誘われるな・・・が鉄則となった。鉄則?・・・。私は既に携帯番号を彼に教えてある。いつかは朝食でも食べに行こうかと思っていた。家に下にBARがあると(朝と昼はBAR) 便利なので内心は嬉しかったのだが。鉄則を破ったら、みんなに何を言われるか分からない。

さて、これから先どうなるのだろうか?
今夜も下の音は最高潮に達してきた。まだ23時半。クラブが本格的ににぎわうのは夜の12時過ぎから。まだまだこの騒音は続くだろう。

夜中の2時を回った頃、男性が言い争う大きな声で起きてしまった。もしや2時に店を閉めなかったので、住人の男性達が殴りこみに行ったのかもしれない。昨日の会議ではシュンとしていた男性軍、体を使っての勝負には俄然強い。争いは20分くらい続いただろうか。騒音は無くなり、静かになった。住民側に軍配が上がったのだろう。金曜日の夜といえば、クラブにとっては稼ぎ時。大きな投資をしてしまったこの若いオーナーはこれから先どうなるのだろうか?大きな音で音楽はかけられない、2時には閉めなくてはならない。クラブとしてやって行くにはなかなか難しそうだ。

自分の生活を守るために、体を張って頑張る人々。人間、やっぱりこうやって権利を獲得していかねばならないのだろう。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

Victormama

イタリアにも騒音の規制があると思うのだけれど、調べてみたら?音がすごい時間にVigileを呼んで、規制外かどうかしらべてもらうとか。
by Victormama (2012-04-02 18:55) 

Lorenteggio

やはり中央にお住まいの方達、時間に対する考え方の相違を感じる[2時終了]とは・・・・住宅街では、午前零時でも納得されないと思うのですが・・・・・?
by Lorenteggio (2012-04-03 01:23) 

mek

自己権利を勝ち取っていく様を見たわけですな。元気な時にその会合に参加してほしかった。住民の圧倒的勝利で終わったかも。
ps. 更新が滞りがちです。オシャレな“ぼやき”期待しております。
by mek (2012-04-03 09:29) 

人生まっしぐら

Victormama
ここの住民はもう何回もViglile連絡しているそうです、でも、、何も進まないそうです、、
Lorenteggio
 ほんと、2時は遅いですよね、、
mek
 はい、更新するようにします、、、できるかしら、、

by 人生まっしぐら (2012-04-04 05:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。