So-net無料ブログ作成
検索選択

あれよあれよと言う間に

gariban.jpglp.jpgrupo.jpg


今日は、何となく昔の暮らしのことを考えていた。
小学生の頃はガリ版というものがあり、当時、学校新聞はみんなで手を真っ黒にしてガリ版刷りをしていた。そして蛍光塗料ペン、これは学生にとって画期的だったのを覚えている。そうこうしているうちに、コピーが街のいたるところで活躍。これも学生にとっては最高のプレゼントだった。レコード盤からCDへ。初めてCDを見た時、こんなもので音楽が聴けるのかと思った。でも、今ではCDからMD、そしてPCへと移行している。タイプライターからワープロへ、そしてこれも今ではみんなPC。カメラはフィルムだったが、今やフィルムを使用している人はどれだけいるか?みんなデジタルだ。FAXなんていうのもあった。携帯電話も夢の世界だった。出始めの頃は大きかったけれど、自分で小さな電話器を持ち歩けるなんて、誰も思ってもいなかった。そしてやっぱり、技術革新の王者はコンピューターということになるのだろう。今では全てのものが、PCへと集約されて来ている。

一般家庭の生活の中にも、こうやって科学技術が入りこみ、人々の生活が合理的に、そして楽に、簡単にと変化して来た。これは私達の生活にとって良いのか悪いのか。新しいから、楽だからと私達は飛びつく。知らず知らずの間に、私達が使っていた、ともに過ごしてきた物や時間を失ってしまう。そして時が経つと忘れてしまう。” あれ、どうやって使っていたのかな、こんなものあったかしら?”と。時代はあれよあれよと言う間に、変化して行くのである。

1700年終わりから1800年にかけて市民革命
1800年終わりから1900年にかけて産業革命
1900年終わりから2000年にかけて情報革命
時代は100年ごとに大きな変化を遂げている。いくつかの戦争の後、1989年にベルリンの壁が崩壊してから、世界の情勢が変わった。共産主義、社会主義が次々に倒れていった。コンピューターの登場によって人々の意識も大きく変わった。そして情報革命に突入。ここ数年、異常気象による大災害が世界中で相次いでいる。この自然現象が心理的により一層の不安を抱かせ、時代の大きな変わり目を再確認させる。

” あれよあれよと言う間に ” の行程をじっくり観察しながら生活していこうと自分の中で誓った。目の前で何がいつどうやって変わっていったか。小さい波が徐々に押し寄せて来て、それが日常の波になり、いつの間にがすべてをさらって新しいものにとって変わる。それによって物に対する価値観も変わってくる。

科学技術の進歩とは一体、私達に何をもたらすのか?この勢いで進んでいくと、人間が人間の機能を果たさなくなるのでは?実際、ナビゲーションを使い出してから、さっぱり土地感覚が無くなった。計算は直ぐにPCが答えを出してくれる。もう暗算も出来ない。携帯電話が無かったら待ち合わせも不安になる。私達の生活はPCに支えられ、守られて暮らしている。守られているということは、裏を返せば、コントロールされているということ。

でもマイナスのことばかりではない、技術の発達により、世界中とのコミュニケーションが瞬時に出来るようになった。これによって世界中のあらゆる情報が何処にいても集められるようになった。それは医療関係、化学関係、物理関係、工学関係、ありとあらゆる分野に革新的な影響力を与えた。これも情報革命の波の中で起きたこと。

時代の流れが大きく変わる中、企業は本当に大変だと思う。世界の動きを長いスパンで見て、挑戦していかなければならない。決断に少しでも狂いがあったら取り残される。そしてどんなに大きな企業でも、世の中の流れを見間違えたら消滅してしまう。事実、今、” 絶対安全 ”だった企業がドンドン潰れている。

数年後、私は一体どんな生活をしているのだろうか?車は持たず、携帯とPCだけで生きているかも知れない。または、人間のプリミティヴな生活に目覚め、山奥で生活しているかも知れない。でもその頃は自分の健康問題も考えなければならない年齢なので、さてどうなることやら・・・。どちらにしても、時代の大きな変化を自分の目で見られる、そして体現出来るのだから幸運だと思うようにしよう。

時代の大きな流れに乗ってみんなと同じ方向を向いて行くのか、大きな流れの中に身を置きながら、自分の意思で自分の生き方を発見するか。目の前に分岐点が来た時、自分の意思で前に歩いて行ける強い精神力を持っていなければと思う。私は家に帰ると毎日、長い時間、壁に向かって考え続ける。それを繰り返すことにより、たとえどんな小さな問いでも自分で答えるようになる。常に自分の行動の” 理由 ”を知っていれば、何があってもぶれることはないと思う。私の家の壁は、そんな私の自問自答をずっと見続けている。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

mek

世の中便利になってきて、バーチャルの世界での経験が経験として刻み込まれることに不安を感じます。やはり実際に経験をした人は力強い!!。
余談ですが、シューマッハがいつになってもシュミレーターに慣れないのには好感が持てます。

by mek (2012-02-10 16:01) 

Akira

そうですね、いまは大きく世界が変わろうとしているときですね。
この激変の時代を精いっぱい生きていきたいですね。

by Akira (2012-02-13 17:53) 

茉莉香

ねえさん。すごく深い内容で感動しました。
本当におっしゃるとおり。
この世の中で、自分自身がどう生きるのか、それを問われているように感じています。

by 茉莉香 (2012-02-14 13:52) 

人生まっしぐら

MEKさま
そうです、頭ばかりではなく、行動しなくては!
AKIRAさま
そうですね、激変! しかも物凄いスピードです!
茉莉香さま
自分を知ることが一番難しい作業です・・・。
by 人生まっしぐら (2012-02-14 19:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。