So-net無料ブログ作成

ジムで人間ウオッチング

salecorsa.jpg

最近、またジムに通い出した。このまま何の運動もせずに毎日をダラダラと過ごしてはならぬ! 今年から心を入れ替えて、時間がある時にはわずか1時間だが体を動かすことにした。やっていることは、簡単なストレッチの後、ランニングマシーンに乗って歩くだけ。だから今のところは1時間で十分だ。

ジムに通う楽しみはもう一つある。人間ウオッチング、これがなかなか面白い。このジムに来る人達の一番の目的はもちろん体を鍛えることだろう。でもそれに次ぐ目的が異性ハンティングだと思う。まず、トレーナー達の多くはマッチョで体のいたるところに刺青がある。トレーナーというよりオトコの集団。彼らは ”美”に弱いらしい。いつも美しい女性の周りに満面の笑顔で集まっている。砂糖に群がる蟻のように・・・。そうでない人(私はこちらの方)にはそっぽを向いてなかなか近くに来てくれない。

女性用更衣室。中に入って来る姿を見ると、スポーツ真剣派なのかハンティング派なのか、すぐに想像がつく。流行の服や靴、バックを上手に着こなしてかっこイイ!と思わず見とれてしまう女性たち。そういう女性はスタイルが良く、足が長く、胸の形もよい(整形かも知れない)。よく見ると、唇がいま流行りでプクっと膨れている。自分に自信があるのか、スタスタと真っ裸で皆の目の前を歩く。これからハンティング!という闘志が覗える。これがハンター派。

かたや自分の外観には全く興味がない・・・という素振りで入って来る女性たち。お化粧もせず、髪もバサバサ、ウエアーもブランドなど関係なし、着られればよい。脇見もせず運動に没頭して汗を流し続ける。こちらはスポーツ真剣派。どんなに男性が近寄って来ても自分の目標に没頭する。その姿がカッコイイ。

更衣室に長時間いると、ここでも日本人とイタリア人の違いが出てくる。日本人は隠れて着替え、イタリア人は堂々と脱ぐ。そしてヌードでそこら中を歩きまわる。そんなに自分の姿に自信があるのだろうか?日本人の凹凸の無い体に比べ、欧米人のボディはラインにメリハリがある。造形としては本当に美しい。ただ、やっぱり東洋人の方が、髪にしても肌にしても触感が ”美しい”と思う。どちらにしても、オトコもオンナもお互いに異性の求めに合わせるように変化していくのだと思う。 西洋と東洋、ここでも格段の違いがありそうだ。
今日久しぶりにビックリしたのは、私の前に座った更衣室の女性。真っ裸だ。突然体中にクリームを塗りだした。私の目の前で足を広げて! 流石の私も目の置き場に困った。まわりの目は一切気にしないのか、または単に見せびらかしたいのか?

ハンター派、スポーツ真剣派といろいろな人がいるけれど、イタリア女性はいくつになっても女性であることを意識しているのがよく分かる。70歳の皺シワのオバアさんでも、女性としての自覚を持ち、それなりに女性の色気を発散させている。どうしてだろうか?これもやはり異性である男性が、いくつになっても相手に「女性」を求めているからかも知れない。そう言えば、イタリアのおじいさんはまだまだ男性として魅力的で、いろいろな面で精力的に頑張っている。そんなおじいさんの気を引きとめるには自分も「女性」であり続けなくてはならないのだろう。

何はともあれ、ジムでの人間模様は動物的で面白い。明るい光のもとで魑魅魍魎の世界が繰り広げられている。事実、私の友人はプールの指導員と恋をして、夫を捨て、全てを捨ててその人に向かって行った。また、他の友人は夫に隠れながらトレーナーを自分の恋人にして ・・などなど、いろいろなケースが飛び交っているのは確か。みんなジムにそれなりの目的で来て、ハラハラ、ドキドキで人生を謳歌しているのだろう。私は取りあえず、スポーツ真剣派としてジム通いを続けようと思う。

本来ならば、私がジムでやっていることは家で一人でも十分に出来ること。でも一人でストレッチをしたり、歩くことを続けるのはなかなか難しい。だから私はお金を払ってジムに通うことにした。そんなことに出すお金があるのなら、もっと人のために何か・・と自分でも思う。でもそんな自分に負け、ジムを優先してしまったため、”人間ウオッチング”という名目を自分の心の中に掲げたのである。何となく自分を正当化するために。まだまだ私は弱いなぁ。

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

Yan

私もプールでシャワータイム、裸女にエ~っと目をむいちゃいます。以前は裸体になるな・・・という貼り紙もあったのに、今はナゼかなくなっった~~
お国の違いなんでしょうか、人にお見せする自信のない体だから(-"-)、着替えはやはり個室に入りこみますよ。

ジムを続けて体調管理するのは最高!! 頑張って下さい。
by Yan (2012-02-07 18:26) 

人生まっしぐら

YANさま
はい、何とか続けます! ありがとうございます。
by 人生まっしぐら (2012-02-14 19:51) 

Victormama

プールの指導員と恋をして、すべてを捨ててまっしぐら、いい時代だったねえ。いまや幸せ太りのたぷたぷをとるためにスポーツ真剣派に変わってしまったけれど。
by Victormama (2012-04-02 18:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。